Derwent 日本の - ブランド

 
 
 

ブランド

英国カンブリア州湖水地方。ここでは、多くの芸術家、詩人、作家たちが、美しい渓谷と壮大な山々、ラスキンやワーズワースの創作の源となった風景、ウェインライトの小道、『ツバメ号とアマゾン号』(イギリス人作家アーサー・ランサムによる児童文学シリーズ)の湖に魅了されてきました。

湖水地方はまた、グラファイトが初めて発見され、鉛筆作りが発展した地でもあります。カンバーランドペンシルカンパニーは、数世代をかけて、どこにでもあるシンプルな鉛筆を徐々に進化させていきました。こうして、熱心なアマチュアからプロのアーティストまで、あらゆる消費者のニーズに合った、多様で革新的な一連の製品が生まれることとなったのです。

1832年、鉛筆作り発祥の地である湖水地方で創業して以来、ダーウェントは今も変わらぬ繁栄を誇っています。一流を目指すダーウェントブランドの情熱とこだわりは、妥協のない画材作りに表れています。伝統を大切にする一方で、ダーウェントはイノベーションにおいても揺るぎない評価を得ています。アーチスト、グラフィック、ウォーターカラーなどの定番商品から、インクテンス、グラフィックラインペインター、グラフィティントといった画期的な新商品まで、ダーウェントブランドの鉛筆は長年にわたって世界中のアーティストたちにインスピレーションを与えており、それはこの先も変わることはありません。

ブランドビデオ

ダーウェントブランドビデオ2016年版。ダーウェントの製品群とそれらの使用法を紹介しています

ビデオを見る

イギリス製

ブランドの刷新に伴い、ダーウェント製品に「Made in Britain」マークが表示されることになりました。このマークは、英国ならではのものづくりと、高い品質を誇る多種多様な画材の生産に向けたダーウェントのこだわりを示すものです。

ビデオを見る
0